〔日本國際志工2014心得〕林碧霞|東海大學 日文系 二|北海道YMCAチミケップキャンプ場

    在2014年的暑假參加了ICCPJ,第一次出國多少會有些緊張,一邊擔心著自己的日文能力,一邊又期待著在日本的生活,就在這種矛盾的心情之下朝著北海道出發了。

    從札幌做了六個小時的車到達北海道營地,開始了營地的生活。北海道的營隊是國際營,除了台灣人、日本人之外,還有兩個俄羅斯人和兩個美國人要和我們一起合作。原本以為會在合作和溝通上遇到重重困難,但是出乎意料的很快就和他們變成了好朋友,而且在營隊其中也一直相處得很好。

    在真正的營隊開始之前,和其他志工們在DAY OFF的時候一起整理營地,一起學習划獨木舟和船,一起射弓箭等等活動,晚上偶爾會去湖邊看看星星,坐在那吹吹風、聊聊天。今年北海道營地迎向五十周年,在營地期間也舉行了五十周年的慶祝。而在這段營地期間裡面,前前後後有大約五個營隊,當過了三次kitchen和一次CL還有一次DH。在每個職務上可以學到不同的事情,原本對料理一竅不通的我,在kitchen之中學到了各種料理的做法和廚房知識;當了CL,和高中生一起參加營隊,和他們一起體驗各種活動,和他們聊天;當了DH,每天吃飯都在想新梗,牌餐桌排的很愉快,動腦也動得很愉快。除此之外,我的二十歲生日也是在營地度過的,當天收到了許多禮物和祝福,有大家親手寫的信和自己做的手工藝品,真是很特別的生日,永生難忘。

    在北海道的日子,完全與世隔絕的感覺,沒有網路、沒有訊號,甚至連手機拿在手上都覺得陌生。下過雨的北海道夜晚,溫度和台灣的冬天一樣低溫,這點倒是嚇到了。在北海道這段期間,遇見了許多人,也要謝謝很多人,不管是日本的工作人員們,台灣的志工們,俄羅斯的志工,美國的志工,因為有你們,我才有個如此精彩難忘的暑假。從任何事情之中成長,然後再進步。

    今年の夏休みに北海道チミケップ国際キャンプ場へ行きました。初めて海外へ行くので、緊張しながら、ドキドキしていました。

    札幌からチャンプ場までの距離は車で六時間がかかります。このキャンプ場は国際キャンプ場なので、台湾と日本の方だけではなくで、ロシアとアメリカの方もいます。元々はみんなが違う国の人なので、一緒に生活したら、いろいろな問題に会うかもしれないということがずっと悩んでいました。でも、みんなはとても良くて優しい人だから、仲良しく暮らしていました。

    DAY OFF の時にみんなと一緒にカヌーをしたり、ボートをしたり、アーチェリーをしていた。時々に湖へ行って、みんなとしゃべったりしていました。今年はチミケップ国際キャンプ場の50周年を迎えました。50周年のお祝いで以前のリーダーたちに会いました。今回のキャンプできっち(KL)とCLとDHの仕事をしました。違う仕事によって、いろいろなことを勉強しました。すべての仕事はいい経験だと思います。それ以外、七月の時にみんなに私の誕生日をお祝いをしてくれました。本当に感動しました。絶対忘れません。

    今回のボランティアによって、いろいろな人に会って、いろいろなお世話になりました。チミケップでのこと、絶対忘れません。素晴らしい経験です。

MAIN HALL主要的場所 
DAY OFF工作完一起共享午餐 

晚上聚會幫美國志工ちび整理髮型 
台灣志工的全體簽名  現在被掛在MAIN HALL裡面 
俄羅斯志工かチャー射弓箭 
和美國營長マイクさん的合照

留言