〔日本國際志工2014心得〕陳妍伶|中國醫藥大學 牙醫系 三|横浜三浦ふれあいの村

    一到日本並沒有馬上就進營地,而是富士山、健康和三浦營地所有人一起到金澤八景,住進homestay的家裡。Homestay三天的期間,有人帶我們到橫濱、八景島、鐮倉等地觀光,是和之後在營地一個月不同的歡樂時光,透過homestay,體驗到日本一般家庭的生活,是一個很棒的體驗。

    這次去的三浦ふれあいの村和其他營第有點不同,這是神奈川縣設立的機構,委託橫濱YMCA營運,他位在三浦的海邊,大門一走出去就是沙灘,主要是提供一般家庭或學校團體的住宿、舉辦活動之類的。可想而知在這裡並不是舉辦YMCA的營隊,所以當隊輔帶營隊,24小時都和小孩子在一起的營隊體驗是沒有的。我們在這邊主要的工作就是協助客人進行活動,例如野炊、海上活動……等。有時候也會在辦公室裡處理比較文書的工作,感覺像是在工作,但我們有時候也可以一起參與活動,而我覺得這也是一個和日本人直接互動很好的機會,面對的對象也不會都只是孩子。而在接近尾聲時,我們有參與到一個唯一三浦ふれあいの村辦給國小四年級到高中的學生參加的營隊,認識了很多日本大學生隊輔,雖然沒辦法全程參與,但是能和小朋友互動,一起在海邊玩水上活動很開心。

    三浦ふれあいの村的工作人員人都很好,常常會和我們聊天,到了這邊我覺得就是不斷的讓自己認識新的人,不要害羞,也不要太矜持,學著日本人怎麼做事,多多和他們聊天,保持友善的態度,就能夠讓這一個月變的充實豐富起來。我在三浦的一個月留下了很多美好的回憶,黑到發亮的皮膚也是一個很棒的紀念。

        日本に行くのは初めてではありませんけど、一ヶ月間滞在するのは初めてです。日本についた最初の三日間は金沢八景でホームステイしていて、横浜周辺、シーパラダイス、鎌倉などにつれてくれて観光してました。ホームステイの三日間の中、一番印象に残るのは日本の夏祭りを参加したことです。神社の前で町の人がおみこしを担ぐところを近くで見ることができました。担ぐ人たちの掛け声にすごく迫力を感じて感動しました。その後の祭りも楽しかったです。おいしいものいっぱい食べました。そしてホームステイのお父さん、お母さんたちが歓迎会をあけて、はじめて飲み会を体験して楽しかったです。カラオケもすごく盛り上がりました。

  三浦ふれあいの村では一ヶ月駐在していろんなことをやりました。マリンプログラムでカヤックに乗ったり磯でかにやうになどの生物を探したりしました。日焼けして一気に黒くなりましたけど、久しぶりに海に入ったので、すごく興奮しました。いい思い出がいっぱいできました。三ツ星野菜クラブというアクティビティで自らトマト、ピーマン、なす、キュウリ、とうもろこしなどを取りました。台湾でこういう活動はなかなかないので、今回参加できて嬉しかったです。

  三浦ふれあいの村のスタッフ全員に感謝します。事務室のスタッフたちはこの一ヶ月間で一緒に働いて、分からないことがあったときスタッフに聞いたらみんな優しく教えてくれました。誕生日が七月にある子がいて、スタッフさんがケーキを買ってきてみんなで一緒に祝ったこともありました。非常に感動しました。離れるときはすごくさびしいです。この一ヶ月間は一生忘れません。
一起和小朋友看花火大會 
三ツ星野菜クラブ 
修裡房間曬衣架 

唱營隊歌 
工作人員幫炯昀慶祝生日 
幫和炯昀同一天生日的工作人員慶生 
挑戰沙畫 
海邊很曬 

晚上一起放煙火 
最後一天和森田先生在橫濱中央YMCA合照 
最後的飲み会 
與實習生在海邊玩 
與日本大學生LEADER 
送別會全員大合照 
送別會我們做了一張大卡片給工作人員 
離村當天和所有工作人員合照




留言