〔日本國際志工2014心得〕王雅玄|東吳大學 日文系 畢|福岡岳間渓谷キャンプ場

    這是我第二次參加ICCPJ這個計畫。福岡YMCA和去年參加的東京YMCA型態雖然不一樣,但都過得非常開心。更不同的是這次沒有夥伴,是一個人到福岡參加營隊。

  在這邊平常的任務是和小朋友們一起踢足球。很熱、但也很有趣,畢竟在台灣時完全沒有踢過足球,而在每次結束足球時間時,大家列隊集合冥想並向足球場及一起敬禮並謝謝指導他們的領隊們,很感動。除了這之外,也在當天來回的Summer school夏令營中擔任低年級組的領隊,這四天中要照顧八個小朋友,早上學習時間要被小朋友們問問題,這真是難倒身為外國人的我了……。中午時和他們一起吃便當一起聊天,下午戶外活動也要時時刻刻注意小朋友的狀況。雖然對我來說還是沒辦法很流暢的和他們對話,但真的是一個很不一樣的經驗。之後則在兩個兩天一夜的營隊擔任Management,類似器具組,幫忙準備小朋友的野炊食材及器具,還有在潮間帶玩泥的體驗等這些在台灣幾乎不會有的活動是就算回國也是絕對忘不了的記憶。

  開始這個計畫的第二個星期,因為得了病毒型的感冒而發高燒,那時候剛好碰到日本的連休,所以剛好也是ICCPJ的休息日,只好自己坐計程車去看急診。而因為想快點治好感冒,更是在一星期內看了三次,也是我第一次在日本照X光的初體驗!但不幸中的大幸是在夏令營的開始之前好轉了許多。

  這將近一個月的計畫期間,福岡YMCA的員工及大學生志工們都對我很好非常感謝他們。在籌備會、檢討會時和大家交流了意見也學到很多與我們思維不同的想法觀念。真的很感謝他們一直在照顧我,期待下一次再見面的時候。

    ICCPJを参加するのは今年が二回目です。福岡YMCAは去年参加する東京YMCAと全然違うけど、両方でもとても楽しかったです。今年は一人で福岡に行ってキャンプを参加しました。

    ここでの平日の役割は子供たちとサッカーをします。みんなはサッカーが終わるたびに必ず黙想して一緒にサッカーをするリーダーたちに礼をするのが感動しました。それ以外、グループリーダーとして四日間の日帰りのサマースクールキャンプもしました。初めて一人で低学年の八人の子達と話し合ったり、遊んだり、指導したりしました。子供たちとぺらぺらにしゃべるのはやはり難しかったけど、とても楽しくていい経験になりますた。マネージメントとして泊まりのキャンプに行くときもいろいろな体験をしました。野外炊飯や干潟体験などは台湾ではあまりしたことない活動なので、帰っても絶対に忘れられないんです。

    プログラムが始まった二週間目はウィルス性の風邪を引いたので、高熱も出ていて辛かったです。はやく治りたいという気持ちを強くて、一週間に三回も病院に行って、日本でレントゲンを撮るのも初体験です。幸いなのはキャンプが始まる前に治りました。

    この一ヶ月もないプログラムの間では、福岡YMCAのスタッフさんや大学生のリーダーたちは優しくしてくれて本当に感謝しています。ミーティングと打ち上げの時にみんながそれぞれの斬新でユニークなアイディアや感想を聴いて、話し合っても勉強になりました。打ち上げが終わって終電がなくて泊まってくれてありがとう。いつもそばにいてくれてお世話になって、ありがとうございました。またいつか会えるのが期待しています。








留言