〔日本國際志工2015心得〕陳倩儀|東吳大學 日文系 四|茨城YMCA.野尻湖.道志の森

在茨城Y會經歷三個不同營隊擔任PL以及GL、沒有營隊的期間則是在AFTER SCHOOL和小孩子下課後一同玩耍。從分發到一人營隊的那一刻開始,緊張和不安的感覺從來沒有停過。而經過這一個月,會很用力地告訴自己,我成長了。

走進Y館迎面而來的是學童們熱情地呼喊以及盛情的邀約,每當看見小孩子最純真的笑容時總會發自內心覺得溫暖。每天學童們最期待的就是點心時間,看著碗裡的點心迫不急待想入口卻仍是規矩地在飯前禱告後再做享用,最後會依照分組做整理打掃,自律性很令我驚訝。

接著就是這一個月中的重頭戲,關於「體力勝負」的營隊!最先遇到的是為期五天四夜的野尻湖,在一大清早集合出發,承載著重重的行李以及期待的心情出發,在將近六個多小時的車程會進行唱歌遊戲為這趟旅程首先增添樂趣。搭船前進無人島後,開始在野生的環境生活。需要先透過游泳能力測驗分配成員的水上活動,而在測驗期間會看見小朋友奮力在深不見底的泳池中努力擺臂踏著水前進,在一旁加油的應援團更是讓人感動。夜晚所有人則是拿著手電筒行動,雖然可怕但卻擋不住孩子們想探險的心。

直到成員們就寢後則是領隊會議檢討今天的狀況和隔天的行程,不得不佩服日本人在一整天忙碌後隔天仍然能精神充沛的繼續陪伴著小孩子左右。

之後是在道志的森三天兩夜營隊,與日本LEADER一起擔任GLGLPL不同的則是和小孩子更進一步地24小時在一起並注意安全。看著他們在令人發抖的河川玩的無法自拔,首次嘗試抓魚,吃到只有在電視上看過的流水麵,即便一整天不休息成員也似乎不會累,腦中只有接下來該做什麼絕對不會讓時間閒下來。最後是兩天一夜的營隊,雖然時間最短我卻認為可能是最艱辛的一個營隊,因為對象大部分是一年級甚至幼稚園的小孩,很不受控制卻又是那麼天真可愛。在艷陽下一起流汗水,在深夜開會,為了就是讓這群小孩子能在營隊中留下美好的回憶,而小孩子的笑容也是我們這群大人的動力。離開那天會看見一些小孩子不捨的眼神,畢竟一個月很快就結束了,在那的每一分每一秒都是回國後無法體會的時光。

在茨城Y因為語言隔閡經歷了許多次的氣餒,總認為自己無法達到自己本來的目標,有好幾次好想回家。在一個人不知所措、低潮的時候有STAFF來協調該如何調整跟解決這些問題,「妳有疑惑的時候都跟我們說不要自己壓抑著」不時一些勉勵的話語總是在PUSH我前進。「既然已經特地來日本了有什麼想做的事情嗎?」當我疑惑的時候常常會想著這個問題,雖然不是完全的解決卻也為了解決而去嘗試本來不敢做的事情,而只要努力大家都看得到。學會了一個人要去面對所有接踵而來的考驗及努力想辦法突破,這個夏天遇到了許多療癒的笑容,有著歡笑有著淚水,遭遇的每件事情都是十分珍貴的經驗。

初めて一人で日本へ行くことについてなんかドキドキして、すごく心配していた。だが、スタッフ、リーダーたちが優しくくれてありがとう。

キャンプ以外の時間はYMCAの本館で児童クラスを過ごした。中でゲームをしたり、外の公園で虫を探したりすることがあった。子供にとって、時間が大切で、絶対無駄にしたくないと思っている。子供はいつも負けないように真剣にゲームをやる。

そして、「体調の勝負」と言われるキャンプが来た。5日4泊の野尻キャンプ、3日2泊のアドベンチャーキャンプ、2日1泊チャレンジキッツがあった。

PLと言うのは、プログラムを作る、プログラムの流れを順調にできるためにサポートしている。GLなら、日本のリーダーと協力して自分のチームのメンバーと一日中遊んで、メンバーの安全を見ているということだ。日本のキャンプでいろいろなキャンプソングを習った。暇だったら、ソングのメロディーはすぐ出で来た。歌が大好きかもしれない(笑 泳力チェックや川遊びや流そうめんなどたくさん体験できた。

一番印象に残っていることは、メンバーにいい思い出作りのために、睡眠時間が短い、キャンプが大変けれども、リーダーたちはいつも元気で100%パワーでしている。疲れような顔全然見えなかった。終わると、全員は飲み会へ行ったことは楽しみしている。

この一ヶ月間で、笑いながら泣くような日々があるし、泣きながら笑うような日々があるし、これから茨城のことを忘れずに前に進む。今年の夏休みとてもとても素晴らしい経験ができていいと思う。


HOMESTAY-章魚燒派對 
T-shirt DIY 
出發前 
台灣歌曲交流 
回程用餐 
與Leader大合照 
遊戲時間
野尻湖營地 
飯前歌唱

留言