〔日本國際志工2015心得〕陳正家|文藻外語大學 日文系 三|神戸余島キャンプ場

這次是我第一次出國擔任國際志工,也是我第一次出國的經驗。工作天總共三十二天,有十四天的時間擔任日本國小學生的隊輔,八天的時間擔任營隊的行政工作組員。其遇到的困難就是有時候會聽不懂日本的小孩在說甚麼,但這一點其實不用太擔心,只要你跟他們說我不懂你的意思,他們就會換一種方式跟你說。每個小隊也一定會有一個日本的隊輔,因此也可以互相有一個照應。本次ICCPJ專案最長的營隊為少年長期營,這是一個長達十二天十一夜的營隊。其中包含了祭典、相撲大賽、營火晚會及四天三夜的野外求生。在這個長期營中我擔任營政工作組員,感到非常的充實及忙碌。YMCA辦的營隊不但有非常多訓練學員的元素,也有許多令人感到溫馨的場合。

距營期結束已經過了十天了,我還是非常懷念在余島的營隊工作。因為我是第一個吃素食的ICCPJ,在踏上余島之前我本來非常擔心我的飲食問題,但是余島的廚師和大學生,都非常貼心地幫我特別準備一份我可以吃的食物,我感到非常感謝他們。於營隊的工作期間,我非常認真地完成每一樣工作,也試著距續嘗試如何當一名隊輔,這次為期一個月的營期中,我增加許多擔任隊輔的經驗。也非常感謝營長及余島的朋友們,對我在余島上的照顧。最後,我認為真的非常成功,如果有機會我希望可以再到余島當一次營隊志工。

 私は始めてベジタリアンのICCPJです。このイベント参加する前に元々心配していますが、余島のキッチンリーダーとセンターの人は私に特別の食べ物を準備しています。よく感謝しました。

台湾ではずっとスタッフとしてキャンプに参加したので余島では三回の子供たち一緒にリーダーとして参加していました。最初よく緊張しますが、この経験がとても貴重です。

一番好きのキャンプは長期少年キャンプです。このキャンプは私はスタッフとして参加していました。祭り、相撲大会、祈り、水泳、色々なイベントが充実しています。

最後、この一が月のプログラムよく充実です。キャンプ場とセンターと違うキャンプに参加しました。同じ歌が姿を違います。面白いです。ご飯を食べる前に祈りがキャンプによって違います。しかも、キャンプ場とセンターとキャンプがキリスト教の感じとても深いです。








留言