〔日本國際志工2016心得〕游玟嫻|文藻外語大學 日文系 二|神戸余島キャンプ場

和余島唯一的船長合照
在這一個月在余島的生活上真的學習了在書上沒有的知識。雖然很辛苦,但我覺得辛苦都是值得的。剛開始去時還懵懵懂懂的,但在那邊的日本人用很親切、耐心的語氣對我們講解,還帶我們去泡溫泉和居酒屋。而且、也是第一次發現日本人真的是個很嚴謹、細心的人。從他們做事的樣子就看的出來,不把事情做到完美就不罷休。在工作上也學習許多事情,像是在營隊期間,知道了吃飯時該有的禮節,掃地方法也有許多技巧可以更快速地掃乾淨,更正要的是學到許多新單字,他們也讓我們體驗穿浴衣觀看相撲比賽和參加祭典,我們志工也自己設了一個攤位,賣台灣的冬瓜茶和珍珠奶茶,超級熱賣。
在キャンプ體驗穿浴衣
 在中心工作期間比較多,但是比營隊的工作比較輕鬆一點,所以中心的日本人會讓我們嘗試許多在台灣可能沒機會嘗試的事情。像是划船、游泳、跳水、射箭。而且有兩位泰國來的志工跟我們一起工作、一起住在同個地方,所以這次的志工不只練習到了日文也練習到了英文,也建立起深厚的友宜。如果要說最辛苦的工作我應該覺得是在海邊掃海藻吧。在大熱天下掃34小時真的是受不了啊!但最開心的工作就是帶領43夜的冒險王的營隊了吧!我帶領的是都小4的小男生,發現日本的小孩很懂事,甚麼事都自己來,想要幫忙卻都說不用、我自己可以來。跟我一起帶領的是已經畢業的日本志工,我非常感謝他,除了在我不會時,很有耐心的再說明,也常讓我有很多機會跟小朋友講話。
為了お祭り準備冬瓜茶和珍珠奶茶
 這次海外志工也讓我了解到夥伴的意義,畢竟第一次出國一待就是1個多月,所以我們懂得分工合作、互相幫忙,在最難過和無助時大家一起互相打氣。在休假日時,大家也會一起去其他離島玩,也認識了余島周邊的風景。受到很多打擊的事也很多,來日本之後,發現聽力、會話真的需要加強了。講關西腔的日本人有很多,經常都聽不懂他們在講甚麼。不過還好有些在學校學的句型、文法也會派出用場。這整整1個多月的海外志工,說長不長說短不短,但卻是讓我在暑假過的最充實、忙碌的生活。皮膚曬黑了、手也都磨成繭了,但這些經驗卻會是永遠烙印在心裏不會忘記。
中心的領導者送我們扇子
中心的領導者帶我們去泡溫泉喝的牛奶

日本で一か月の余島キャンプが終わりました。毎日色々な日本で素晴らしいことを思い出しています。今回のボランティア活動は知識を沢山勉強しました。日本のスタッフは誰でも優しくて辛抱強い人です。私たちは仕事が分からない限り、スタッフが辛抱強くもう一度説明して、本当に安心しました。

在祭典上與營長合照

センターでスタッフは私たちを温泉と居酒屋に連れて行ったことがありました。初めて日本で温泉に入るから、超恥ずかしいでした。居酒屋も初めて行って、面白いでした。センタで様々な仕事をしました。例えば、ハンマーで海藻を綺麗に掃除したり、薪を割ったり、銭湯を掃除したり、客の泊まる部屋を片付けしたりしました。これらの仕事だけでなく、ほかの仕事もしました。

和中心的領導者合照
 キャンプで掃除も手伝いました。でも、センターと違うところは子供たちと一緒に生活しました。子供たちはとても可愛くて元気です。彼らと話す時にスピードが速いけれども、一緒に遊んで、だんだん仲良しになれました。キャンプで一番楽しいことはカウンセラーとして冒険王Aキャンプを参加しました。初めてリーダーをしましたから、とても不安でした。しかし、三泊四日の間に子供たちと一緒に色んな活動を体験してから、だんだん仲良しになりました。
歡送小朋友離開

在掃水溝工作之餘和日本很好的領導者合照
 今回のボランティアは一か月に日本語を勉強して疲れました。でも、余島の景色を見て、スタッフとリーダーと子供たちと知り合って、不思議なことを体験しましたから、甲斐があったと思います。海外ボランティアを参加したには本当に良かった。
和泰國志工在海邊掃海藻

留言